デル、360度回る高解像度ディスプレイのNew XPS 11 & Win 7 が選べるNew XPS 13 発売

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年11月22日, 午後 04:35 in dell
0シェア
FacebookTwitter

デルがノートPC の新製品New XPS 11 とNew XPS 13 を発表しました。うちNew XPS 11 は特許出願中のヒンジデザインを採用し、ディスプレイを360°回転できることが特徴のモデル。

『用途に合わせて4ウェイ切り替え可能』とうたう点も含め、レノボIdeaPad Yoga シリーズと同じコンセプトの製品と言えます。



ラインナップは「ベーシック・タッチパネルモデル」と「プレミアム・タッチパネルモデル」の2種類。

ベーシックモデルの主な仕様は、Core i3-4020Y (2コア4スレ、1.50GHz) プロセッサ、4GB RAM (オンボード)、80GB SSD。プレミアムモデルはi5-4210Y (2コア4スレ、1.50GHz-1.90GHz) プロセッサ、4GB RAM (オンボード)、256GB SSD。

共通する仕様は、11.6型 2560x1440 タッチディスプレイ(Gorilla Glass NBT)、802.11a/b/g/n/ac WiFi (デュアルバンド対応)、Bluetooth 4.0、HDMI、USB 3.0、3-in-1カードリーダー(SDXC 対応)、マイク/ヘッドフォン兼用ポート。

ほかHD Webカメラ(マイク内蔵)とバックライトつきキーボードを搭載します。OS はWindows 8.1 64bit。

また両モデルともにMS Office Personal 2013 搭載モデルを選択できることに加え、有償でHome and Business 2013に変更することも可能です。

本体はカーボンファイバと削り出しのアルミニウム製。サイズはW300xD201xH11-15mm、重さ約1.13kg。バッテリー駆動時間は約8時間。

発売日は本日11月22日。価格はベーシックモデルが11万4980円から、プレミアムモデルが13万9980円から。


同時に発表されたNew XPS 13 は、タッチ対応13型フルHD ディスプレイを搭載する軽量薄型ノート。OS をWindows 8.1 64bit と Windows 7 Home Premium SP1 64bit から選択することもできます。

構成はOS のほか、プロセッサ(i5-4200U/ i7-4500U)、ストレージ(128GB/256GB SSD)、MS Office の有無などが選択可能。

共通する仕様は、13.3型1920x1080 ディスプレイ(Gorilla Glass NBT)、8GB RAM (オンボード)、802.11a/b/g/n/ac WiFi (デュアルバンド対応)、Bluetooth4.0。

ほかUSB 3.0 x 2、Mini DisplayPort、ヘッドセットジャック、HD Webカメラ(マイク内蔵)、バックライトつきキーボード(防滴設計)など。

本体はNew XPS 11と同じくカーボンファイバと削り出しのアルミニウム製。サイズはW316xD205xH​6-18mm、重さ1.37kg。バッテリー駆動時間は約9時間。

価格は12万4980円から。本日11月22日より販売開始です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dell, dell new xps 11, dell new xps 13, Gorilla glass, GorillaGlass, xps11, Xps13, yoga
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents