Google音声検索がアップデート、日本語の話し言葉に声で回答

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年11月29日, 午後 02:08 in androd
0シェア
FacebookTwitter


Google は、話し言葉を理解して最適な回答を声で応答する、新たな音声検索機能を発表しました。Android や iOS のGoogleの検索アプリからすでに利用できます。

新しい音声検索機能は、日本語の話し言葉を理解し、検索したユーザーの意図により近い検索結果を出すというものです。要するに iPhoneのSiriや、ドコモのしゃべってコンシェルのような、話し言葉を理解する機能が強化されたということ。



音声で検索し、検索結果の中から最適(と思われる)な検索結果を音声で返します。発表会では、「ピカソはどこで生まれたの?」と音声で質問、検索結果の表示とともに「ピカソはスペインのマラガで生まれました」と返答がありました。

GoogleのWeb検索データベースは、「ピカソ」が人名であり、アーティストであるという情報(ナレッジグラフ)を持っており、音声入力でもこの情報を活用して、最適(と思われる)な結果を返します。話言葉の中に最適な答えがない場合、音声回答はありません。




このほか、「○○へ行きたい」と言えばナビ画面でルート検索が始まるほか、「○○は何歳?」「スリランカの首都は?」など、クイズのような質問にも答えてくれます。

アプリはAndroid 4.1以上、iOS 6.0以上、PCはChromeブラウザでも利用可能。なお、音声応答機能は日本語だけでなく、米国や英国、フランス、ドイル、イタリア、スペイン、韓国語の各国語に対応。



【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: androd, google, google voice search, ios, knowledge graph, siri, voice search
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents