ソニーは、12月5日〜8日に東京ミッドタウンにおいて、ウォークマンの高音質を特殊な装置で可視化するというイベント「オンガクの結晶 ~ULTIMATE EXPERIENCE~」を開催します。イベントでは、ハイレゾ音源対応のウォークマン NW-ZX1 が発売前に体験できます。

「LOVE MUSIC」のキーワードで音楽への愛と、それを分かち合うプロジェクトを展開中のソニー。今回のイベントは、ウォークマンの高音質を特殊な装置で可視化するという、わかりそうでわからない催し物となっています。

そんな中ではっきりとわかることは、12月7日発売のハイレゾ対応の高級ウォークマン NW-ZX1 が発売前に体験できるということです。開催場所は東京ミッドタウンのガレリアB1F「アトリウム」。



5日15時〜のオープンニングセレモニーには、ドラマーとしてプロデビューし、その後モデル、そして女優としてドラマにも出演するシシド・カフカさんが出演予定。セレモニーではクラドニ図形を使ったアート作品「オンガクの結晶 ~ULTIMATE EXPERIENCE~」を披露するほか、トークショーも開催。クラドニ図形は、音の振動によって形作られる模様のこと。

なお、12月8日には、Engadget Japaneseでも「ハイレゾ部」として体験イベントを開催します。こちらのイベントでは、ZX1やゼンハイザーのヘッドフォンやアンプを用意。松村太郎さん、小寺信良さん、竹村譲さんらを招いたトークショーも開催します。