ZOTAC Tegra Note 7 は12月4日発売、筆圧感知もできるペン対応 7型Androidタブレット

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年12月2日, 午後 06:51 in Android 4.2
0シェア
FacebookTwitter

ZOTAC が7インチ Androidタブレット 『ZOTAC Tegra Note 7』を12月4日から国内販売します。Tegra Note 7 は NVIDIA Tegra 4プロセッサを搭載し「7インチで最速」をうたうタブレット。静電容量式タッチスクリーンで筆圧感知にも対応するペン入力や、前面ステレオスピーカーとバスレフポートのオーディオ機能、常時HDR や120fps スローモーションなどカメラ機能が売りの製品です。発表会の記事はこちら



ZOTAC Tegra Note 7は標準でスタイラスペンが付属します。静電容量式のタッチパネルで使うパッシブスタイラスですが、NVIDIA 独自のDirectStylus 技術により、電磁誘導式のアクティブスタイラスのような細いペン先と高い認識精度、追従速度、パームリジェクション、筆圧感知などを実現します。



主な仕様は、7インチ1280 x 800 IPS ディスプレイ(10点タッチ)、NVIDIA Tegra 4 プロセッサ(4コア1.8GHz ARM Cortex-A15 + 72コア NVIDIA GeForce GPU)、1GB RAM、16GB eMMC、802.11 b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。

カメラは背面500万画素、前面30万画素。常時HDR 有効で撮影するAOHDR画面上のオブジェクトを追従フォーカスするTap-to-Track、120fps @ 720p スローモーションビデオ撮影機能を搭載。

各社のフラッグシップスマートフォンは高速なISP や大型センサでさまざまなカメラ撮影機能を売りとしていますが、Tegra Note 7 は「この価格で」スローモーションなどを実現している点が売りです。

ほかmicro USB 2.0、microSD スロット、microHDMI、GPS/GLONASS、ジャイロ/加速度/地磁気/環境光センサ、ステレオスピーカー(前面向き、バスレフポートつき)、マイク、3.5mm 4ピンオーディオジャック(マイク入力対応)など。

バッテリー容量は4100mAh。駆動時間はHDピデオ再生で約10時間。本体サイズは120 x 190 x 9.4mm。重さ約320g。

予想市場価格は2万5800円。2013年12月4日(水)発売予定。スタイラスペン、USB 充電器(5V、2A)、micro USBケーブルが付属します。

出荷時のOS はAndroid 4.2ですが、4.4 KitKat も提供予定。ほか様々な新機能もOTA アップデートで追加予定です。

また同時に純正オプションとして、カバースタンド、スタイラスペン、AC アダプタキットも発表しています。予想市場価格は順に3980円、2980円、2980円。発売予定日はすべて2013年12月上旬です。



Tegra Note 7とは、NVIDIA 自ら設計したAndroid タブレットのプラットフォーム。今回発表されたZOTAC の製品はNVIDIA によるリファレンスモデルそのままですが、今後はパートナー企業によるカスタマイズモデルが発売される可能性もあるとしています。イメージとしてはグラフィックスボードのリファレンスモデルとメーカーモデルのような関係です。

なおZOTAC は香港に本社のあるPC Partner のグループ会社のひとつですが、GeForce 専門のグラフィックスボードメーカーとしても知られています。

また北米では、同じくGeForce 専門のグラフィックスボードメーカーであるEVGA がTegra Note 7 を販売中。本家Engadget によるEVGA モデルとNexus 7 (2013)との比較レビューはこちら
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android 4.2, android tablet, nvidia, tablet, tablets, Tegra 4, tegra note 7, Tegra4, zotac
0シェア
FacebookTwitter