E Ink と液晶の2画面 Android 携帯 YotaPhone 予約受付開始 (動画 & ギャラリー)

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年12月5日, 午後 08:28 in android 4.2.2
0シェア
FacebookTwitter

ロシアのYota Devices が、メインディスプレイにカラー液晶、サブディスプレイにE Ink 電子ペーパーを搭載するAndroid 携帯 YotaPhone の予約受付を開始しました。

E Ink 側は電子書籍リーダーとして使用できるほか、消費電力の少なさを生かして常時オンの通知画面としての役割も担います。またメイン側で起動したブラウザなどをE Ink 側で表示し、そのまま操作することも可能です。動作の様子は続きの動画へどうぞ。



ディスプレイはメインが4.3インチ 1280 x 720 液晶、サブが4.3インチ 640 x 360 16階調 E Ink。液晶側はタッチ操作に対応しますが、E Ink 側は画面下部のタッチゾーンを使用して操作します。

ほか主な仕様は、2コア1.7GHz Krait CPU、2GB RAM、32GB eMMC、802.11 a/b/g/n WiFi、 Bluetooth 4.0、GPS (A-GPS + Glonass)、FM ラジオなど。カメラは背面13MP、前面1MP。OSは Android 4.2.2 Jelly Bean。



対応する携帯ネットワークは、LTE (800/1800/2600 MHz)、UMTS (900/1800/2100 MHz)、GSM(900/1800/1900 MHz)。SIM カードはマイクロSIM に対応します

バッテリー容量は1800mAh。本体サイズは133.6 x 67 x 9.99mm。重さ146g。カラーはブラックとホワイト。

YotaPhone は同社のサイトにて499ユーロ、約7万円で欧州向けに予約受付中です。




 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android 4.2.2, E Ink, e-ink, russia, smartphone, smartphones, yota devices, yotaphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents