ASUS Padfone Mini 4.3 画像流出、合体して7型タブレットになるAndroidスマートフォン

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年12月9日, 午前 10:32 in asus
0シェア
FacebookTwitter



ASUS がまもなく発表する Padfone Mini 4.3 の流出画像が出てきました。掲載したのはおなじみ @evleaks

ASUS の Padfone シリーズといえば、スマートフォンが大型のディスプレイを備えた「ステーション」と合体してタブレットに変わるコンセプトの製品。「ステーション」側はタッチ画面と追加バッテリー程度しか内蔵せず、単体では機能しません。

利点はひとつの通信プラン契約でスマートフォンとしてもタブレットとしても 3G / 4G 通信が使えること、合体時も中身は同じなのでまったく同じ環境がそのまま使えること、ステーション側の構造が比較的単純なので個別に買うよりは安く、ステーション側の内蔵バッテリーで長時間駆動が可能なことなど。

今年の1月に国内でも発売された PadFone 2 はスマートフォン側が4.7インチ1280 x 720画面、合体するステーション側が10.1インチ1280 x 800画面でした。現行モデルの Padfone Infinity は、5インチ1920 x 1080 スマートフォンと10.1インチ1920 x 1200 ステーションの組み合わせ。

新型の Padfone Mini 4.3 は、名称からスマートフォン側はやや小型の4.3インチ画面になること、台湾のメディアに送られた発表会招待状のイラストからステーション側も小型で縦持ちのタブレットになることが推測されてきました。

今回の流出画像が本物だとすれば、4.3インチ画面のスマートフォンが、ステーションと合体して7インチ前後の小型タブレットになる製品のようです。台湾での正式発表は12月11日の予定。来月には世界最大の家電やモバイル見本市 CES 2014 がラスベガスで開催されるため、グローバル向けには1月のベガスで公開後に各市場で販売計画が明らかにされるものと思われます。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, CES 2014, padfone, padfone mini, padfone mini 4.3
0シェア
FacebookTwitter