Twitter が iOS と Android の 純正Twitter クライアントをバージョンアップしました。今回の大きな更新は、ダイレクトメッセージ(DM)で写真を送れるようになったこと。またタイムライン間を左右スワイプで行き来できるようになりました。

ツイッターのDMといえば拡充したいのか廃止したいのか位置づけがよく分からず、通常のツイートが機能強化されても長らく放置気味で、先日などはURLを含むDMが送れなくなったおかげで「個人的な写真をどこかにアップロードしてからリンクを渡す」こともできなくなっていました。

今回の更新では通常のツイートと同様にDMでも写真を送れるようになり、Twitter.comでも見られるようになりました(つまり、Twitterのサーバに保存される)。またトップのナビゲーションバーに「メッセージ」アイコンが加わり、DMにアクセスしやすくなります。


DMの仕様変更とともに、全体のナビゲーションも変わっています。まずナビゲーションバー左端の「ホーム」は「タイムライン」になり、開いてから左右にスワイプでホーム、見つける、アクティビティを行き来できるようになりました。

そのほか、iOSではDMやお気に入り、リツイートや返信などを知らせる新しいアプリ内通知の追加や、Android ではユーザーのプロファイル画面でスターをタップして簡単に通知設定できるなど、細かな機能が加わっています。