KDDI は京セラ製の3G対応GPS端末『あんしんGPS』を12月14日に発売します。あんしんGPS はモノやヒトにつけておき、スマートフォンから現在地を確認できる小型のGPS端末。

本体の防犯ブザーボタンを押すことで指定のスマートフォンに現在地を通知したり、ココセコムオプションへの加入で現場急行サービスも利用できます。

また加速度計を内蔵し、振動や移動を感知して通知する「見張り機能」を備えるほか、持ち歩くときには歩数計 / カロリーカウンターとしても使えます。

端末本体の仕様は、53 x 41 x 14.3mm で重量 約33g。IP55 / IP58相当の防水防塵と、米軍MIL規格準拠の耐衝撃性能を備えます。

約320mAhの電池を内蔵し、待ち受け時間は見張り機能オフ時で約380時間 (約16日)、見張り機能オンなら約340時間 (約14日)。肝心のときに電池が切れて困らないように、充電レベルが下がるとスマートフォンに通知する機能、また第三者が電源をオフにしたことを通知する機能も搭載します。

そのほか、タイマーで一定の時刻になると現在地を通知する機能、指定エリアの出入り通知、近くで見失ったときはスマートフォンからメロディを鳴らして見つける機能など。


料金プランは、基本使用料が1449円/月、『誰でも割シングル(特定機器)』に加入すれば399円/月。また新規契約の場合「あんしんGPSおトク割」で最大24か月間、基本使用料が無料になります。誰でも割シングル (特定機器) は2年単位自動更新、途中解約は解除料 9975円。

オプションのココセコムは、これとは別に月額262円、ココム専用ホームページでの位置検索が月2回まで無料それ以降は105円/回、電話問い合わせは210円/回。現場急行サービスは1万500円 / 回 (一時間を越える場合は一時間ごとに1万500円)など。


専用アプリは 特定の au スマートフォンに対応します。対応機種一覧はこちらのリンク先。iPhone には今後対応予定(時期未定)、要 iOS 6.0以降。