Klipschの小型Bluetoothスピーカー GiG 発売、全8色の着せ替えケースバンドも用意

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年12月16日, 午前 10:35 in aac
0シェア
FacebookTwitter
Klipsch が Bluetooth スピーカー GiG を12月18日から国内で発売します。本体をぐるっと囲むように取り付けられた、カラフルな「ボディケースバンド」が外観上の特徴です。
ボディケースバンドは可動するようになっており、スピーカー本体を縦置きするためのスタンドとして機能します。​ボディーケースバンドは着脱可能で、別売りで全8色のカラーバリエーションをラインナップします。本体のカラーはどの色にも合うブラックとホワイトの2色。

バンドを固定する軸の位置にはボリュームダイヤル兼マルチファンクションスイッチを装備。長押し、シングル~トリプルクリックなどで音楽の再生停止や、スマートフォンとの接続時は内蔵マイクを使用した通話応答など、すべての操作ができます。

スピーカーとしては、2.5cm径のフルレンジユニット x 2、5.1cm径パッシブラジエーター x 2を搭載。定格出力は 20W。周波数特性は 77Hz ~ 20kHz。

Bluetoothのコーデックには、標準のSBCに加えて高音質な aptX および AAC コーデックを採用。NFC ペアリングに対応します。Bluetooth非搭載プレーヤーとの接続用には3.5mm ステレオミニのAUX入力つき。

内蔵バッテリーの持ちは通常音量で12時間。最大音量では4時間。充電用の USB 端子を備えます。

本体大きさは9.1 x 17.8 x 5.3cm。重さは600g。

発売日は12月18日。オープン価格で、市場予想価格は1万9800円。別売りのボディケースバンドは12月20日発売で、各2625円。カラーはブルー、イエロー、レッド、オレンジ、ピンク、ブラック、パープル、ホワイト。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aac, aptx, bluetooth speaker, klipsch, klipsch gig
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents