センチュリーからUSB3.0接続のストレージケース『スライディング裸族 SATA6G HUBプラス』

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年12月17日, 午前 10:45 in century
0シェア

PC 周辺機器メーカーのセンチュリーが、USB3.0 ハブ搭載のストレージケース『スライディング裸族 SATA6G HUBプラス』を発売しました。SATA 6Gbps 端子を1つ備え、HDD やSSD を滑らせて素早く接続できることが特徴です。

PC との接続はUSB3.0。またUASP モードでの接続にも対応します。UASP とはUSB の拡張規格『USB Attached SCSI Protocol』の略。UASP モードで接続した機器は通常のUSB 接続より高速にデータを転送できますが、利用にはOS、ホストコントローラ、クライアントのすべてがUASP に対応している必要があります。

対応するストレージは3.5インチまたは2.5インチのSATA HDD/SSD。容量は最大4TB まで。なおSAS HDD と、1.8 インチ、ZIF コネクタ、3.3V 駆動および特殊形状のSSD は接続できません。またSLC タイプのSSD は動作保証外です。

ほかケース本体にはUSB3.0ハブを3個搭載。供給可能な電力は3ポート合計で1800mA 以内。Windows で使用する場合はPC の電源と連動できます。

本体サイズは138 x 40 x 180mm、重さ約250g。スライディング裸族を複数台重ねて設置することも可能です。

対応OS はWindows 8 / 7 / Vista / XP (XP は32bit 版のみ)、OS X 10.8.5 / 10.7.5 / 10.6.8。

『スライディング裸族 SATA6G HUBプラス』は直販価格5480円で販売中。取扱説明書、専用USB3.0 ケーブル、専用電源アダプタが付属します。またUSB ハブ非搭載モデルも3480円で販売中です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: century, hdd, ssd, storage, Usb3.0
0シェア