米ラスベガスで開催中のCES 2014 にて、ASUS がOS にWindows とAndroid の両方を搭載するデュアルOS タブレット/ノートPC 『Transformer Book Duet TD300』を発表しました。

TD300 には脱着可能なキーボードドックが付属し、Windows と Android はともにタブレットモードとノートPC モードの両方で使用可能。OS の切り替えはドックの専用ボタンかタブレットのバーチャルキーを押しておこない、約4秒で完了します。



処理性能についてはプロセッサにインテル Core i7 を搭載可能。メインメモリは4GB DDR3L-1600。ストレージはタブレット側に最大128GB のiSSD、キーボードドック側に最大1TB HDD。

ディスプレイはマルチタッチ対応の13.3インチ IPS 液晶。解像度は最高でフルHD モデルを用意します。OS はWindows 8.1 とAndroid 4.1をタブレット側にプリインストール。

ほか802.11ac WiFi、Bluetooth 4.0 + EDR、前面HD カメラ、デジタルマイク。タブレット側にmicroSD カードスロット(最大64GB)とヘッドフォンジャック、キーボードドック側にUSB3.0 x 1、USB2.0 x 2、HDMI 1.4、10/100Mbit/s LAN、オーディオコンボジャックを備えます。

サイズはタブレットが42.7 x 216.3 x 12.9mm、キーボードドックが340.9 x 217.6 x 16mm。合体時の重さは約1.9kg。

予想価格はCore i3 プロセッサと1366 x 768 ディスプレイ搭載モデルで599ドル、1080p ディスプレイ搭載モデルで699ドル。発売はアジアと欧州で2014年第1四半期後半の予定です。