Vizio が Android 搭載「Portable Smart Audio」発表、動画視聴やアプリ追加も可能

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年01月9日, 午後 01:45 in Android
0シェア
FacebookTwitter
米国のファブレス家電メーカー Vizio が CES 2014 で発表した「Portable Smart Audio」は、外見は普通のワイヤレススピーカーですが、前面中央の大きな液晶ディスプレイの向こうにはクアッドコアプロセッサーを搭載、"KitKat"こと Android 4.4 で動作するのが特徴です。
Vizioいわく「完全な Android システム」が動作しているので、音楽はもとより動画再生やYouTubeなどネット上のコンテンツ再生も可能。Spotify、Pandora、Netflixなどのアプリはプリインストール済みで、そのほかのアプリは Google Play Store から自由に追加できます。CES 2014の会場に展示された製品の画面にはAngry Birds のアイコンも見えることから、プレイしやすいかはともかく普通にゲームもできるようです。もちろん Bluetooth、802.11b /g /n WiFi によりスマートフォンなどからワイヤレススピーカーとしても使えます。

サイズの異なる2機種が発表済みで、下位モデルは4.7型液晶、出力音圧レベル95dB、ローエンドの再生周波数は80Hz、重さ約1.6kg。上位モデルは7型液晶を搭載、出力音圧レベル101dB、ローエンドの再生可能周波数60Hz、重さ約4kgで、往年のラジカセのように持ち運べる取手つき。

発売日や価格は未定。Vizio は発売時期が近づいたら改めて発表するとしています。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Android, android 4.4, Android 4.4 KitKat, Android4.4, Bluetooth, CES 2014, ces2014, Google Play, Kit Kat, Pandora, Spotify, vizio, Wi-Fi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents