Mac や iOS デバイス向けのオーディオ関連機器を製造販売する米Apogee が、iPhone や Mac などで 96kHz/24bit デジタルレコーディング可能なギターインターフェース「JAM 96k」およびマイク「MiC 96k」を発表しました。48kHzまでの対応だった先代 JAM / MiC のバージョンアップ版にあたります。
Mac / iPhone用のギターインターフェースといえば、iRigSonic Port などもありますが、いずれもサンプリング周波数 48kHz までの録音しかできませんでした。JAM 96k では 96kHz/24bit レコーディングが可能となり、音質面では一歩抜きん出ました。また Apogee は、レコーディング用アプリが搭載するギターアンプやエフェクトなどのサウンドを再現します。
MiC 96k も JAM 96k 同様、Mac / iPhone 向けのレコーディング用マイクです。こちらも先代 MiC の音質を向上し、96kHz/24bit のデジタルレコーディングに対応しました。ヴォーカルだけでなく、アコースティックギター、ドラムス、ピアノなどアコースティック楽器全般の録音作業に使えます。

いずれも Mac/iOSデバイスのオーディオ機能 Core Audio に対応しているので、接続するだけで使用可能。GarageBand、Logic、MainStage など多くのレコーディングアプリに対応します。

対応するiOSデバイスは、iPhone 4以降、iPad、iPad Air、iPad mini、iPod Touch(第5世代)。対応するOSは、Mac OS X 10.6.4以降、および iOS 4.3以降。

2製品ともに Lightning ケーブル、30pinドックケーブル、USB ケーブルが付属。MiC 96k にはさらに三脚とマイクスタンドアダプターも同梱します。

すでに発売中で、価格は JAM 96k が1万4900円。MiC 96k は2万6900円。