家庭用3D プリンタCube シリーズで知られる3D Systems が、米国のチョコレート製造会社Hershey と複数年の提携契約を結んだと発表しました。今後両社は、お菓子を含む様々な食品を作成可能な3D プリンタの開発を進めます。

3DS は先日のCES 2014 で、砂糖やチョコレートのお菓子を作成できる3D プリンタChefjet シリーズを発表しています。今回の提携によりそれらの開発が進むとともに、発売の際には「ウチのチョコ素材はハーシー製です!」といったウリ文句が並ぶのかもしれません。



Chefjet シリーズは、様々な料理のデジタルレシピを内蔵し、だれでも簡単にプロ品質の料理を「出力」できるのが特徴の製品。

ラインナップは、単色出力で最大出力サイズ約20 x 20 x 15cm のChefjet と、フルカラーで約25 x 36 x 20cm サイズの出力が可能なChefjet Pro。

Chefjet は5000ドル以下、Chefjet Pro は1万ドル以下で2014年第2四半期発売予定です。