ソニー、Xperia Z Ultra WiFi モデルを自社販売。32GB 5万2000円前後

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年01月22日, 午前 10:38 in android
0シェア
FacebookTwitter

ソニーは Xperia タブレットの新製品 Xperia Z Ultra SGP412JP を1月24日より国内販売します。SGP412J は、6.4インチのフルHDディスプレイを備えつつ約6.5mmと薄いAndroidタブレット。

本日 au が発表したスマートフォン Xperia Z Ultra SOL24 から4G LTE / 3G通信機能を省いた WiFi モデルにあたります。


主な仕様は、6.4インチ1920 x 1080 " トリルミナス " 液晶ディスプレイ、様々な撮影機能を備えた 810万画素背面カメラ ( " Exmor R for mobile " センサ)、2GB RAM に 32GBストレージ、IPX
55 / IP58 相当の防水防塵など、au版 SOL24とほぼ共通。

4G LTE / 3G のセルラー通信には対応せずSIMスロットもないため、プロセッサは同じ Snapdragon 800 でもモデムのないAPQ8074を載せています。GPS や Bluetooth 4.0、NFC、802.11a/b/g/n/ac WiFi 、microSDXC対応 microSDスロット、3000mAhバッテリーなども共通。ただし赤外線とワンセグ/フルセグはありません。

カラーバリエーションはホワイトとブラックのほか、ソニーストア限定で「幻想的で危うさと美しさを兼ね備えた」パープルも販売します。

発売は1月24日、市場想定価格は5万2000円前後。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, sony, xperia, Xperia Z Ultra
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents