ニンテンドー3DS 本体更新、「安定性や利便性の向上」のみ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年01月23日, 午後 12:11 in Miiverse
0シェア
FacebookTwitter


任天堂がニンテンドー3DS の本体機能更新を開始しました。国内版本体の最新バージョンは 7.1.0-15J。
今回の主な変更点は、

「システムの安定性や利便性の向上
より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上いたしました。」



先月リリースされた 7.0.0は Miiverse の統合や Nintendo Network ID導入など大きな変更点が多数ありましたが、今回はバグ修正のみ。とはいえ修正点やゲームタイトルを挙げずに修正がかかることは良くあるため、時間のあるときに当てておくにこしたことはありません。写真は日本では売っていないNintendo 2DS。2DSも3DSファミリーなので 7.0.0-15X に更新されていますが、特に今回のアップデートとは無関係です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Miiverse, nintendo, Nintendo 2DS, nintendo 3ds
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents