ヨドバシカメラ、ネットで買って店舗受け取りを24時間に拡大。梅田とAkiba に専用窓口を設置

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年01月23日, 午後 06:22 in Yodobashi Camera
0シェア
FacebookTwitter


ヨドバシカメラが、ウェブ通販サイトで注文した商品を指定した店舗で受け取るサービス『ネットで注文・店舗で受け取りサービス』を拡充し、一部店舗では24時間いつでも受付を開始しました。

これまでは店舗の営業時間内しか受け取りができませんでしたが、一部店舗に専用窓口を設置し、閉店時間中も含む24時間受け取りが可能になります。

専用窓口は1月21日に大阪梅田のマルチメディア梅田に設置済みのほか、今年3月中旬には東京秋葉原のマルチメディアAkiba にも設置予定。窓口のオープン時間は店舗閉店後の22時から翌9時30分まで。

またこのサービスは、希望の商品の在庫が受取指定した店舗にある場合、ネットで注文後30分以内に渡す準備が完了します。そのため専用窓口の設置によって、梅田もしくはAkiba に在庫のある商品ならば、通常の営業時間とは無関係に、24時間いつでも30分以内に商品を受け取ることが可能です。

支払う金額は、注文したヨドバシ・ドット・コム価格か、受取り店舗での店頭販売価格のうち安い方が適用されます。ポイント還元率は受取店舗のものを適用。

なお同社のウェブ通販サイトでは商品の在庫状況を店舗ごとに確認できるため、無駄足を踏むことも避けられます。



梅田もしくは秋葉原近郊在住で、商品を注文しても配送時間帯は不在がちな方や、店舗へ営業時間中に行くのが難しい方、深夜にどうしてもゲームやオモチャやBDボックスやアダプタ類が欲しくなってしまった場合にはとても便利なサービスです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Yodobashi Camera, yodobashi.com, YodobashiCamera
0シェア
FacebookTwitter