「OK, Google」で手放し音声検索、Chromeブラウザに組み込みへ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年01月24日, 午後 12:15 in chrome
0シェア
FacebookTwitter


キーボードもマウスも使わず、「OK, Google + (検索語)」とPCに話しかけて検索するハンズフリー音声検索機能が Chrome ブラウザの標準機能になるかもしれません。
Google は以前から音声入力(Speech to Text)に対応していますが、従来は手でマイク型のボタンを押して音声入力受付モードにする必要がありました。

Google が昨年から提供している純正の Chrome 拡張機能 Google Voice Search Hotword では、「OK, Google」というキーワード(ホットワード)を待ち受けて、声だけで音声入力と検索ができるようになります。




Google の Francois Beaufort 氏が Google+ で報告したところによると、Chromeブラウザの開発版 Chromium チームは、このホットワード認識機能を Chrome / Chromium の標準機能として統合する作業を進めているとのこと。

最終的に正式版の Chrome ブラウザに導入されるか、されるとして時期などはまだ分からないものの、いずれPCから手を話していても、「Okay, Google + (簡単な質問)」で検索できるようになるかもしれません。拡張機能を導入すればいまでも可能です


ただのウェブ検索結果が表示されるだけの音声検索にはそれほど有り難みがありませんが、Google は音声検索に対して音声で 簡単な質問に答える (Knowledge Graph を活用)、計算結果を返す、天気を答える etc に対応しているため、ホットワード待ち受けを常時オンにしておけば、不完全ながら会話するコンピュータとしても使えます。

Google はモバイル向けだったよろずアシスト機能 Google Now をPCブラウザでも提供する動きを見せており、スマートフォンにもPCにも、ウェブ検索だけではない Google Glass 的な音声コマンドを拡大する狙いのようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: chrome, chromium, google, Google Glass, Google Now, google search, Knowledge Graph, voice search
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents