ゲーム周辺機器のマッドキャッツが、PS 4 / PS Vita 対応ヘッドセットのエントリーモデル TRITTON Kama を発表しました。価格は 2980円、発売はプレイステーション4と同日の 2月22日。

TRITTON Kama は、マッドキャッツ傘下になったオーディオ機器ブランド TRITTON の人気製品 Kunai を元にしたエントリー版。

同日発売なので「プレイステーション4対応」をうたっていますが、特殊な規格に対応するわけではなく、一般的なステレオミニプラグ (4極ヘッドセット端子)で接続します。対応機器は PS4 のほか PS Vita 、スマートフォンやタブレットなど。PS4の場合、コントローラ DUALSHOCK 4 のヘッドセット端子に接続して使います。

ヘッドホンとしての仕様はネオジム使用の40mm径ドライバ、20Hz-20kHz、インピーダンス16Ωなど。ブームマイクは位置を調節できるフレキシブルタイプ。ただし取り外しはできません。またケーブルの途中にコントローラを備え、音量やマイクミュートを操作できます。

本体はバンド部分が左右3cmずつ可動してサイズ調節に対応するほか、イヤーカップ部分を90度回転させて平坦にすることも可能です。

なおPS4発売と同日の2月22日には、6980円の上位モデルヘッドセット TRITTON Kunai Universal もゲーム店向けパッケージで発売予定。こちらは複数のアダプタやケーブル類が付属し、やや特殊な接続方法の Xbox 360 を含め PS3, PS4, PC などさまざまな機器に対応する製品。マイクが取り外し可能だったり、インラインリモコンが高機能だったりと上位版です。ものとしては昨年からPCゲーム向けパッケージで販売中。