IK Multimedia は楽器見本市 NAMMショウ2014 で、 iOS/Mac 向けオーディオインタフェース iRig シリーズの新製品 iRig Mic HD を発表しました。アナログだった先代から進化して Lightning 接続となり、最高で 96kHz/24bit のデジタルレコーディングができます。
iRig Mic HD はヴォーカル録音のほか、生ギターやバイオリン、その他のアコースティックな楽器の録音や、さらにスピーチや取材インタビューなど、音楽用途以外でもオールラウンドに使えます。

マイク本体内には AD コンバーターや、プリアンプを内蔵。録音した時点で音声はデジタル化されるため、音質を落とすことなくレコーディングや編集作業ができます。

ユーザーに無償提供する録音用アプリ/ソフトウェアは、 iPhone/iPod touch /iPad 向けにはエフェクトもかけられるマルチトラックレコーダーアプリ VocaLive FREE、野外録音にも対応する iRig Recorder FREE、ギター/ベース用エフェクトを含む AmpliTube FREE など。Mac にも同様に、AmpliTube 無償版などを用意します。
iRig Mic HD 本体は金属製のボディを採用し、手持ちでもスタンド使用でも問題なく扱えます。同じく96kHz/24bit 録音機能をもつ Apogee Mic 96k に比べると、よりマイクらしく高級感がある反面、 Mic 96k が搭載する録音レベル表示LED はありません。ケーブルは iOS デバイス用の Lightning ケーブルと Mac に接続するための USB ケーブルを同梱。旧 iOS デバイス向けの30pin ドックケーブルは別売りで提供します。

iRig Mic HD は夏ごろの出荷を予定しており、予価は99.99ドル。