ソニーがUSB メモリーの新製品USM-SA1 シリーズ3モデルを発表しました。特徴はフルサイズのUSB 端子とマイクロUSB 端子の両方を備え、PC とスマホなどモバイル機器の両方にそのまま挿せること。本体の容量を記載している部分がフルサイズUSB 端子、キャップを外すと出てくるのがマイクロUSB 端子です。



2種類のUSB 端子を搭載することで、PC とモバイルデバイス間のデータ移行が容易になるほか、スマホで撮影した動画を他のスマホに即コピーすることや、USB メモリ対応テレビに直接挿して再生することなどが可能です。

スマホ・タブレットからのデータ移行には、Google Play で無料配信中のAndroid 用アプリ File Manager を使用します。アプリはAndroid 4.0.3以降に対応。なおソニーの動作確認表にiOS デバイスの記載はありません。

ラインナップと市場推定価格は、容量32GB のUSM32SA1が5400円、16GB のUSM16SA1が3400円、8GB のUSM8SA1が2500円。2014年2月10日(月)発売予定です。