買収や人材獲得で情況証拠は積もるものの、いつ出るか具体的な話は聞こえてこないアップル iWatch (仮)の話題。iWatch は心拍や血圧などのセンサーを搭載しフィットネス / ヘルスケア用途を強調した製品になり、対になるアプリ「Healthbook」(仮)と同時に発表されるかもしれません。

「Healthbook」(ヘルスブック)の話を伝えたのは、アップル系うわさサイトの老舗 9to5Mac 。ソースはおなじみの「アップルの計画について説明を受けた情報筋」ですが、抜粋すれば:

・アップルはフィットネスや健康管理を統合した Healthbook なるアプリを開発している。
・Healthbook は iOS 8の大きな要素として発表される見込み。
・iWatch (仮) は Healthbook と共に、フィットネスやヘルスケアを大きな売りとして登場する。
・iWatch は何らかの複合センサを搭載し、脈拍や血圧など、iPhone だけでは取得できない情報を Healthbook に送る。

といったところ。耳新しい Healthbook については、すでに提供中の Passbook に近いインターフェースを採用し、複数の情報をカードで管理するアプリとされています。たとえば歩数や消費カロリー、体重血圧ほか健康管理系のグラフ、投薬のリマインダなど。

(日本ではあまり使われている話を聞かない Passbook のほうは、航空券やカフェのポイントカード、ホテルやレストランの予約、イベントのチケットなどをメールやアプリ、紙(バーコード)から取り込んで、まとめて管理したり時間や位置情報で必要なときに表示&店舗側でそのままスキャンして使うアプリです。)

とりあえず iWatch (仮) とは別にアップル純正のフィットネス&ヘルスケア アプリについて考えてみると、アップルは iPhone 5s から、メインのチップセットの一部としてモーションコプロセッサM7を採用しています。(トップの画像は iPhone 5s 発表時の M7 解説スライド)。M7 は低消費電力で常時センサー情報を監視することで、「新世代の健康&フィットネスアプリを実現する」チップであると説明されていました。

ウォーキングやランニングを記録するフィットネス アプリは Nike を代表に iOS でもすでに大きな市場を形成していますが、デバイスが iPhone 5s の場合に限り、アプリを起動していなくてもバックグラウンドで移動を感知して計測集計する機能を備えるアプリも増えてきました。

iWatch (仮) についていえば、アップルが多数のウェアラブルデバイス特許を取得していることは良く知られており、国内でもすでに「iWatch」の商標を取得しています。また関連分野の企業買収や、人材の引き抜きも確認されており、ちょうど一年前の時点では、100名規模のチームで開発が進行中 ウォール・ストリート・ジャーナルや NY Times なども報じていました。もっと細かな、たとえば台湾のサプライヤ筋がこれこれな部品を受注した、曲面ガラス加工のための特殊な生産設備を獲得した etc といったうわさ話は列挙に暇がありません。


そのほか、アップルが元ナイキのアドバイザやセンサ関連会社の人材を獲得した、幹部が米国食品医薬品局(FDA)の幹部と会談した(公的な記録で確認可能) などなど、細かな状況証拠の数々はリンク先で確認できます。


1月にラスベガスで開催された世界最大の家電見本市 CES 2014 でも、今年の CES はウェアラブルと言われるほど各社から製品が発表されましたが、多くはフィットネスやヘルスケアを主にアピールする製品でした。

「アップルの腕時計型デバイス」というだけで購入が決定している層、アプリと連携した応用が次々と浮かんでくる層はともかくとして、iPhone が相手にするマスマーケットに「持っているとどう嬉しいか」を一気に分かりやすく導入するには、すでに Nike+ など人気アプリが揃うフィットネス分野で、あるいはもっと医療に近いヘルスケア分野で、iOS 8 組み込みのワンストップアプリ Healthbook を導入しつつ、さらに iWatch と合わせればもっともっと便利に!はなかなかインパクトがありそうです。