ウィルコムは、ソフトバンクの3G網とウィルコムのPHS網が使えるシャープ製防水スマートフォン AQUOS PHONE ef WX05SH を3月上旬に発売します。

ハードウェアスペックは AQUOS PHONE es WX04SH と同じですが、ホーム画面に大きいアイコンを使ったシンプルなものを採用し、LINEアプリがプリセットされた「孫とLINEしやすい」スマートフォンといった製品です。

シニアや子どもの利用を想定したモデルで、シニア向けには拡大表示機能を用意しており、子ども向けにはペアレンタルコントロールアプリ まもるゾウ をプリセット。ソフトバンクの3GとウィルコムPHSのデュアル端末です。

冒頭にも書いた通り、ハードウェアとしてはAQUOS PHONE es WX04SHと同じもの。OSは、なつかしのAndroid 4.1、Google Play対応。4インチディスプレイ、2コア1.5GHzのMSM8260Aプロセッサ、1GBメモリ、8GB内蔵ストレージ、4.9MPカメラ、防水、ワンセグ、FeliCa、2080mAhバッテリーなど。

なお、発売は3月上旬。ウィルコムは4月1日にイー・アクセスとの合併を控えており、現時点でブランド名などがどうなるのか、明らかされていません。