シマノから手のひらサイズのスポーツカメラCM-1000。広角180度フルHD、10m防水、WiFi スマホ連携

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年02月6日, 午前 03:00 in action cam
0シェア
FacebookTwitter


自転車や釣具のシマノが、手のひらサイズの防水スポーツカメラCM-1000を発表しました。水深10mでも使えるIPX8 の防水性能や、IP5X の防塵、超広角180度でフルHD 動画が撮影できることなどが特徴です。



撮像素子は1/3.8インチの裏面照射CMOS センサ。有効画素数は動画3.6MP、静止画3.1MP。レンズの明るさはF2.0。画角は135度と180度から選択できます。

動画の撮影モードは1920 x 1080@30fps、1280 x 720@120fps、640 x 360@240fps の3種類。ファイル形式はMOV (H.264+PCM)。静止画のファイル形式はJPEG。静止画はインターバル撮影も可能です。

インターフェイス類は、マイクロUSB、ステレオマイク、モノラルスピーカー、3色LED つき操作ボタン x 2など。記録メディアはSDとSDHC (最大32GB)に対応。スピードクラスは6以上が推奨です。

​またWiFi 接続に対応し、専用アプリをインストールしたスマートフォンからCM-1000を操作できます。

ほか無線については省電力無線規格のANT+ にも対応。詳細な説明はありませんが、同社の自転車用 Di2 ワイヤレスユニット SM-EWW01 と同期して、サイクリング時のスピード、ケイデンス、パワー、心拍などのデータを収集できるようです。

電源は3.7V 950mAh のリチウムイオンバッテリーを内蔵。連続撮影時間は約2時間、充電時間は4時間未満。

本体サイズは44.2 x 70.8 x 30.3mm。重さ86g (バッテリーとレンズプロテクタ込)。操作可能温度は-10度~40度。



価格は2万7500円。発売は2014年4月の予定です。付属品はベルトマウント、平面固定用両面テープ、簡易取付用ベルト、レンズキャップ、充電用USBケーブル、簡単スタートアップガイド。

また別売アクセサリとして、CM-1000を胸元で固定するためのチェストマウントと、頭に付けるためのキャップマウントも発売します。


自転車部品・釣具メーカーのシマノはアクションカメラ市場には新規参入ですが、製品仕様は Go Pro やソニーといった競合に匹敵します。

上で挙げたサイクリングデータとの連携や、スポーツフィッシングでも使える強力な防水仕様など、自社の強みと組み合わせることで競合と住み分けられる、という思惑が伺えます。

またここ最近「ウェアラブル」と「ヘルスケア」は多くの企業のキーワードになりつつありますが、公式プロモーション動画には「CM-1000はシマノのライフスタイルギア部門の最初の製品」と記載があります。今後シマノも、アクションカメラだけでないライフスタイル製品に取り組むのかもしれません。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: action cam, action camera, action cameras, ActionCam, ActionCamera, ActionCameras, ant+, Go Pro, shimano
0シェア
FacebookTwitter