本業のゲームだけでなく、店舗の在庫を管理したりクアッドコプターに乗って3D マップを作ったりと幅広い分野で活躍するマイクロソフトのKinect ですが、今度は軍隊で監視業務まで担当していることが分かりました。

MS のMVP アウォード受賞経験もある韓国の開発者コ・ジェクワン氏は、Kinect を使用した監視システムを開発。2013年8月から軍への納入が始まり、韓国と北朝鮮の間にある軍事境界線の非武装地帯(DMZ)に配備されています。

このシステムはカラー映像と赤外線センサを使用して対象の体積を分析し、人間とそれ以外の動物を判別。人間と判断された対象がDMZ を越えようとしている場合、近隣の部隊に警報を発します。

コ氏は「ゲーム機が国防を担うとは想像できませんでした。今後は対象の体温や心拍数も測定できるよう開発を進めます」とリンク先 Hankooki に語っています。

民生品ではなく軍用で適切な機器はなかったのかという疑問はさておき、Xbox One に付属する新Kinect は従来モデルから大幅に進化し、使用者の表情や全身の関節の向き、さらには心拍まで認識できるため、氏の語る監視Kinect の進化も現実のものとなりそうです。

(画像: Edward N. Johnson/Wikipedia)