ウォークマンWシリーズといえば、IPX5 / IPX8の防水仕様でスイミング中でも使えることが売りの製品ですが、ソニーは防水性を強くアピールすべく、水ごとボトルに詰めて自販機での販売を始めました。





この「ボトル入りウォークマン」は、ニュージーランドの広告代理店 DraftFCB が考案したアイデア。水中でも使える防水性能を劇的に示しつつ、ジムやプールなど需要が発生するその場の飲料自販機で販売する一石二鳥?の話題作りです。

ソースリンク先の Vending Times によればニュージーランドで実施されたプロモーションとのことですが、場所や時間を限定したその場だけの企画だったのか、喉が渇いて飲み物を選ぼうとしたらウォークマンが並んでいてぎょっとする事例が実際にあったのかなどは不明。

現実的には、在庫中はずっと水に浸かった状態で、トップの宣材写真のように本体だけで普通に販売できるとは思えませんが、ウォークマンを漬けていた水のほうの味が気になるところです。下は公式のウォークマンWシリーズプロモ動画。