マクセルから天面が Qi 充電台になった Bluetooth スピーカー、パッシブラジエータx3で低音増強

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年02月13日, 午後 12:34 in aac
0シェア
FacebookTwitter
日立マクセルが、天面にワイヤレス給電規格 Qi の充電パッドを仕込んだ Bluetooth スピーカー、MXSP-WP2000 を発表しました。音楽を再生しつつ、Qi 対応のスマートフォンやタブレット、Qi 対応のケースを装着した iPhone や、その他の機器を充電できます。

無線部分はBluetooth 4.0 に準拠し、対応するプロファイルは A2DP /AVRCP /HFP /HSP。aptX /AACコーデックに対応するため、多くのスマートフォンやタブレットで高音質な音楽再生が可能です。またNFC による Bluetooth ペアリングや、8台までの接続情報を保持するマルチペアリングに対応。Bluetooth のほか3.5mmステレオミニの外部音声入力も装備します。


フロントスピーカーには出力7W の70mm径ユニット x 2基を搭載。3基のパッシブラジエーターにより厚みを増した低音を聴かせます。周波数特性は100Hz~20kHz。

Qi 充電部は本体天面のロゴマークがプリントされたところにあり、対応機器なら置くだけで充電が可能。2012年に公開された Qi のバージョン1.1に対応し、最大5Wまでの電力をワイヤレスで供給します。また、5V/1Aの電源出力用 USB 端子も装備しています。

本体の大きさは幅285 x 奥行102 x 高さ101mm。重さ約1.2kg。カラーはブラックのみ。電源はACアダプターが付属します。


発売日は2月25日。オープン価格ですが、日立マクセル直販サイトでの価格は1万4800円。Bluetooth スピーカーを買ったらおまけに Qi 充電台が付いてきた、と考えればお得に感じられます。



なお、国内携帯電話キャリアのうち NTT ドコモは Qi 規格に「おくだけ充電」という愛称をつけています。最新の2013年冬春モデルで「おくだけ充電」対応機種は...ありませんでした。各社とも最新モデルに Qi 対応機種は少なく、わずかに KDDI のURBANO L02 、Google の Nexus シリーズのみ。小物はともかく、スマートフォンではバッテリー容量増大の結果、Qi では充電に時間がかかりすぎることも理由かもしれません。給電能力の高い中電力版 Qi の普及が待たれるところです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aac, aptx, bluetooth, bluetooth 4.0, bluetooth speaker, bluetooth4.0, maxell, maxell MXSP-WP2000, MXSP-WP2000, qi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents