身につける日光浴トラッカー SunSprite が出資募集中、心身ヘルスケア向け

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年02月27日, 午後 11:32 in Bluetooth4.0
0シェア
FacebookTwitter
日光を浴びた時間を記録する日光浴計 SunSprite が クラウドファンディングサ-ビス Indiegogo にて製品化のための出資を募っています。クリップタイプの活動量計にも似たデバイスで、日光を浴びた時間を記録/管理できます。
SunSprite はオーソドックスなクリップ型のウェアラブルデバイス。ただし、記録するのは活動量ではなく日光です。SunSprint の公式サイトが「臨床的に実証された日光の効果」として挙げるのは、睡眠や気分の改善、集中力の向上、ストレスの低減など。また一般的にいわれる効果では、たとえば日光に含まれる紫外線は体内のコレステロールを変化させ、ビタミンDを生成します。ビタミンD は古くなった骨を分解、再生産する効果があり、不足すると骨や歯が脆くなると言われます。また、朝日を浴びることで1日を気分よく開始できるため、うつや社交不安障害など精神的な病にも効果があるとされています。さらに、朝日によって体内時計がリセットされることで、睡眠や冷え性の改善にもつながるなど、人間の心身と密接な関係があります。


しかし、多忙な日々を送っていると、日光を浴びる時間はほとんどないという人も多そうです。特に早朝から日没まで、デスクワーク中心の仕事をしている人は要注意といえるでしょう。

SunSprite は可視光および紫外線を浴びた量を記録します。電源は表面に仕込んだ太陽光パネルで発電し、内蔵バッテリーを充電します。どれくらいの光を浴びたかは、LEDインジケーターで確認できるほか、iOS / Android デバイス上の専用アプリでも確認が可能です。専用アプリは、ワークアウトアプリ RunKeeper を開発した Raizlabs が制作しています。

SunSprite はすでに動作する試作品が完成。先日、製品化資金調達のためクラウドファンディングサービス Indiegogo において出資募集を開始しました。目標額は5万ドル。募集開始から3日目の現在、合計額はすでに2万6000ドルを超えており、順調に出資を集めているようです。

購入希望者のための出資枠は、標準予定価格149ドルの SunSprite を1つ入手できる99ドルの早期出資枠、同じく2個セットの189ドルの枠があります。さらに、おまけが付属するまとめ買い枠などもあります。なお、米国およびカナダを除く地域からの出資の場合、15ドルが送料として別途必要とのこと。

SunSprite が出資目標額を獲得でき、その後も頓挫することなく製品化プロセスが進んだ場合は、夏頃には出資者のもとへ発送されるはこびとなります。

なお、紫外線によるビタミンDの体内生産については、具体的には晴れの日なら1日15分程度、曇りでも30分ほど屋外にいるだけで効果は充分あるそうです。ただし日焼け止めやUVカット化粧品などを使っていては意味がありません。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Bluetooth4.0, GoodLux, IndieGoGo, SolarPowered, sunlighttracking, SunSprite
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents