2014年3月4日、デルが新型28インチ4K対応液晶ディスプレイP2815Qを発表しました。日本での価格は6万9980円。デルの直販では3月18日から発売ですが、発売に先行して、3月7日よりAmazon.co.jpとNTT-Xストア、ビックカメラグループとツクモ電機で予約販売が開始されます。




P2815Qは、米国では昨年12月に「1000ドル以下」と予告した直後、1月に大幅ディスカウントとなる699ドルで発売した製品ですが、日本でもほぼ発表時のドル円レートを守った形で発売される格好です。



製品としての特徴は言うまでもなく、4K(3840×2160ドット)解像度に対応したディスプレイとしてずば抜けた低価格。これまで4Kディスプレイで最廉価だった製品は、デルの上位モデルとなるUP2414Qで、Amazon.co.jpでは発売直後などのキャンペーン時期は9万9980円(ちなみに原稿執筆時もこの価格です)、それ以外では12万9980円ですが、本機の登場で4Kディスプレイがさらに安価になった格好です。

ただしこれだけ安価になると、仕様でも制限が加わる点は否めません。本機は以前よりハードウェア系サイトなどでウワサがあったように、駆動方式は(IPSやVAではなく)TN方式で、4K入力時のリフレッシュレートは最大30Hzまでという割り切った仕様。UP2414QがIPS方式で、リフレッシュレート60Hzに対応する点と比較すると、ここは価格なりの仕様と言えるかもしれません。

とくに後者のリフレッシュレートは、人によってはマウス操作に若干の違和感を覚えるぐらいの違いとなるため、購入前には知っておきたい制限です。可能であれば60Hz環境と実際に見比べて比較検討をしてみることをお勧めします。



ちなみに発表会でのデモ機のひとつでリフレッシュレートを確認しましたが、上記画面のように30Hz固定でした。使用PCは同社のPrecision M6800。GPUがNVIDIA Quadro K4100M、接続はDisplayPort経由なので、条件的には60Hzでも出力は可能なはずです。




また、TN方式と聞いて気になるのは「では実際の色度変異(斜め方向から見た際の色の変化具合)はどれほどなのか」というところでしょう。発表会場で確認したところ、(画面横長状態での)左右方向はTNとしてはかなり広く、実用面では問題なさそうです。

ただ、問題は上下方向。上記動画は本機のピボット機能を使い、縦長画面にした状態で左から右(=横長画面状態では下から上)から見た状態の視野角をテストしたものですが、左から見るとかなり派手な色反転が発生することが確認できます。この点も購入前には知っておきたい制限です。




ただしこうした点を除けば、仕様はかなり豪華です。入力端子はDisplayPort×1+ミニDisplayPort×1、HDMI(MHL 2.0対応)×1の計3基で、RGB各10ビットカラーにも対応。ディジーチェーン用のDisplayPort出力も搭載。デル製品らしく4ポートのUSB 3.0ハブ機能も備えます。





スタンドも上述したピボット機能をはじめ、高さ調整は115mmまで可能。傾斜は前方5度から後方22度、左右回転はそれぞれ45度までに対応し、パネル部取り外しも可能な仕様です。

本体の大きさは幅661.3×高さ435.3~550.3×奥行204.1mm。重さはスタンドとケーブル込みで7.8kg、パネルのみでは5.19kgです。



なお、スライドショーには主要なOSDメニュー画面も一通り掲載していますので、気になる方はぜひご確認ください。UP2414Qで話題となったDisplayPort 1.2設定も搭載されています。