米国のPizza Hut が、好みのピザをマルチタッチ操作で注文できるタッチディスプレイ テーブルのコンセプト動画を公開しました。


動画を制作したのは、世界の有名ブランドのために人目を引くデモやゲーム、ガジェットなどを開発する Chaotic Moon Studios。ピザはもともとお好みオーダーで注文できるもので、動画のコンセプトUIでも指定内容そのものは現在の口頭注文やウェブアプリ注文とそう変わりませんが、同じテーブルについた連れと直接タッチでトッピングの量や範囲をやりとりしつつ完成させるのはいかにも楽しそうな見せ方です。

動画のマルチタッチテーブルはあくまでコンセプトで、店舗への導入予定などは(今のところ)ありません。とはいえ、いずれは紙のメニューを管理して人間が注文を訊く手間よりも、効率的に広告も流せるタッチサーフェスのほうが差し引き有利になれば、タッチパネル式食券販売機程度にはあっさり普及しそうです。そういえばマイクロソフトも、タブレットの Surface に名前を取り上げられてしまったテーブル型の旧サーフェス / 現 PixelSense で、店舗向けのインタラクティブタッチディスプレイを地道に売り込んでいました。