ASUS からUSBバスパワー駆動の15.6型モバイルディスプレイMB168B シリーズ、フルHD とWXGA の2モデル

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年03月14日, 午後 04:30 in asus
0シェア
FacebookTwitter

ASUS がUSB 接続の15.6型モバイルディスプレイMB168B シリーズを発表しました。ラインナップは1920 x 1080解像度のMB168B+ と1366 x 768 のMB168。ともにPC とはUSB 3.0 で接続し、電源もUSB バスパワーで動作する「モバイル」ディスプレイです。

15.6型ということで面積こそ379 x 236mm と広いものの、厚さは8mm、重さは約800g と薄型軽量なので、入れ物さえ用意できれば持ち運びも容易かもしれません。

主な仕様は、液晶パネルがノングレアのTN。応答速度は11ms (GTG)。視野角は168B+ が水平140度/垂直120度、168B が90度/65度。

機能面では専用ソフトを使用することで本体を縦置きすると縦表示へ、横置きすると横表示へ自動切り替えが可能。なお168B シリーズの対応OS はWindows 8.1/8/7 とOS X 10.8.3 以降ですが、専用ソフトはMac 非対応です。

本体カラーは168B+ がダークシルバー、168B がシルバー。スタンドとしても使える専用スリーブケースとUSB 3.0 ケーブルなどが付属します。


168B シリーズはともに2014年3月15日(土)発売予定。予想実売価格は168B+ が2万9800円前後、168B が1万9800円前後。3年間の製品保証と梱包不要のピックアップサービスが付属します。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: asus, Display, displays, mobile display, MobileDisplay, Usb3.0
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents