マイクロソフトがLTE 対応 Surface 2 を米国で発売、2年間のOneDrive 200GB 利用権つき679ドル

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年03月18日, 午後 03:50 in 4gLte
0シェア
FacebookTwitter

マイクロソフトが、LTE に対応するSurface 2 (AT&T 4G LTE) を米国で発表しました。回線は製品名通りAT&T の4G LTE に対応します。

基本仕様は従来のLTE 非対応モデルと同じですが、新たに本体側面にマイクロSIM スロットを備えるほか、ストレージ容量は64GB のみで32GB は選択できません。



Surface 2 (AT&T 4G LTE) の主な仕様は、10.6インチ 1920 x 1080 液晶(5点タッチ対応)、NVIDIA Tegra 4 プロセッサ、2GB RAM、64GB ストレージ、802.11 a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。

カメラは前面3.5MP、背面5MP。ほかマイクロSIM スロット、microSDXC スロット、USB 3.0、マイク x 2、デュアルステレオスピーカー、ヘッドフォン端子、HD ビデオ出力端子など。

OS はWindows RT 8.1。MS Office 2013 RT (Outlook/Word/Excel/PowerPoint/OneNote) をプリインストールします。

本体サイズは約275 x 173 x 8.9mm。重さ約676g。バッテリー駆動時間は最大約10時間。

発売日は米国時間の2014年3月18日。価格は679ドル。2年間のOneDrive (旧称SkyDrive) 200GB 利用権が付属します。

Surface 2 は米国で2013年9月に国内では同10月に発表されたWindows RT 8.1 搭載タブレット。前機種にあたるSurface RT からはプロセッサや画面解像度、バッテリー駆動時間などが向上しています。詳細な実機レビュー記事も合わせてどうぞ。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4gLte, arrive, att, LTE, Microsoft, surface 2, Surface2, Tegra 4, Tegra4, windows rt, windows rt 8.1, WindowsRt, WindowsRt8.1
0シェア
FacebookTwitter