マイクロソフトがWindowsデスクトップ版 OneNote を無償化、Mac版も無償で提供開始

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年03月18日, 午後 02:30 in android
0シェア
FacebookTwitter
マイクロソフトがデジタルノートアプリ OneNote を無償化しました。これにともない、3月17日から Windows デスクトップ版のダウンロード提供を開始しています。また、新たに Mac 版 OneNote も無償で公開され、Windows デスクトップ、Windows 8ストアアプリ、Windows Phone、iOS、Androidと、ほぼすべての環境で OneNote が使えるようになりました。 

デジタルノートアプリ OneNote は、よく比較対象とされる Evernote に比べると、保存するノートを細かく整理、管理できるところが特徴です。PowerPointなど他のOfficeソフトウェアとの連携もしやすいことから、保管した情報を再利用して新たなドキュメントを作るような使い方に向いています。

ただ、今回無償化された Windows デスクトップ用 OneNote は家庭や学校向けという位置づけ。無償だからといって広告表示や使用期間の制限などはありませんが、バージョン履歴管理や SharePoint サポート、Outlook 統合機能などが省略されています。フル機能が必要となる場合は、これまでどおり有償版を購入する必要があります。

新規リリースの Mac 版では、マイクロソフトのクラウドストレージ OneDrive をデータの保管場所として使うため、 Microsoft アカウントが必要となります。アカウントはインストール時に作るか、すでに持っているものを使うかを選択できます。

OneNote は、PC のブラウザーで表示中のページを簡単に保存できるブックマークレット OneNote Clipper や、メール添付による取り込み機能、Windows Phone のカメラで撮影した写真を自動的に整形や OCR 処理して保存する OfficeLens アプリなども提供しており、情報を取り込む手段も多彩になってきました。さらに、今後はサードパーティが OneNote の機能を使ったアプリやサービスなどを開発できるようクラウド API も公開するとのこと。
 

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, EverNote, free, IOS, Mac, Microsoft, Microsoft OneNote, office, onedrive, onenote, SharePoint, skydrive, Windows8
0シェア
FacebookTwitter