パナソニック、世界初の 4K 動画撮影対応ミラーレス LUMIX GH4 を4月24日発売。ボディ単体17万円

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年03月26日, 午後 01:15 in 4k
0シェア
FacebookTwitter

パナソニックが、4K動画撮影対応ミラーレス一眼 LUMIX DMC-GH4 を正式発表しました。2月の開発発表時には「今春」としていた発売日は4月24日となりました。

価格は、ボディ単体の店頭予想価格は17万円前後、「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」レンズ付属のレンズキットは23万円前後。
  


ミラーレス機初の 4K 動画撮影機能は、3840 x 2160 /30p、フレームレートの低い CINEMA モードでは 4096 x 2160 /24p での撮影が可能です。さらにフルHD 解像度では、通常ならプロ向けのカメラが搭載する、フレーム間予測を行わない「All-Intra フレーム撮影」に対応。1920x1080 /59.94p で最大 200Mbps の記録を行います。

記録する動画フォーマットは、非圧縮 リニアPCM を音声に採用した MP4 /MOV 形式と、家庭向け AV 機器で扱いやすい AAC を音声に用いた MP4、または AVCHD 形式での撮影が可能です。ただし、AVCHD 撮影モードではシステム周波数が異なる映像をひとつの SD カードに収めることはできません。

なお、撮影する動画が 100Mbps を超える場合は、最低 240Mbps 書き込みを保証する UHS スピードクラス3(U3) 対応の SDXC カードが必要です。
カメラとしての機能は、有効1605万画素の4/3型 LiveMOS センサー、最高感度 ISO 25600、4CPU 搭載の新ヴィーナスエンジン搭載と、2月の開発発表時から変更なし。本体内で RAW データから JPEG への現像も可能です。

オートフォーカスには DFD(Depth From Defocus)と称する空間認識技術を用い、AF 速度は約0.07秒に高速化。AF 追従連写は約7コマ/秒。

ボディはマグネシウム合金採用の防塵防滴 & 高剛性設計で、過酷な環境での撮影にも耐えるとしています。ただし、その性能を活かすには防塵防滴対応レンズが必要です。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4k, 4k video, 4kVideo, gh4, lumix gh4, micro four thirds, MirrorLess, panasonic, Panasonic Lumix, PanasonicLumix
0シェア
FacebookTwitter