未来のレストラン体験会:スマートグラスでAR注文、キャンドル操作にWiiリモコン、Kinect女神降臨

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年03月28日, 午前 11:15 in eggcellent
0シェア
FacebookTwitter


リクルートグループで新技術の開発や新たなテクノロジーの可能性を調査研究するリクルートテクノロジーズ アドバンスドテクノロジーラボ(ATL)は、「未来のレストラン」と題してスマートデバイスの体験型イベントを実施しました。

展示はいずれも、現在ある技術や製品を利用してちょっと面白そうな未来を想定したもの。六本木ヒルズのレストラン eggcellent を舞台に、スマートグラスやWiiリモコン、Kinectなどを活用したホントなの?、と言いたくなるような未来のレストランが紹介されました。まずは映像をごらんください。

 



スマートグラスを活用した遠隔注文のデモは、Vuzix製のスマートグラスを活用し、テーブルの上のマーカーを見つめると、ディスプレイ上にメニュー表示され、目の動きだけで注文から決済までを行うというものでした。注文が済むと店員側のタブレット端末に注文内容が表示されます。この未来が実現すると、鍋をふる厨房の音だけが聞こえるたとえ混雑していてもひっそりとした飲食店ができるかもしれません。

ATLでは、Vuzix製スマートグラスのデザインをカスタマイズ、未来的なスマートグラスに仕上げました。ただ、そうしたことでデバイスが重くなり、付け心地や使用感は今ひとつといった印象です。






Wiiリモコンを活用したディスプレイ型テーブルのデモでは、テーブルの上の本物のキャンドルを動かして注文できる様子を披露。天井にWiiリモコンを固定し、リモコン側の赤外線を認識する機能でろうそくの炎で座標を取得し、注文します。飲食店のちょっとしたオシャレな演出に使えそうです。



最後は、Kinectを活用し「女神」を呼び出し注文するというものです。天井を照らしたプロジェクターは青い空を映し出しており、テーブルに座ったお客が空に向かって手を上げると、青い空の映像が少しずつ雲に隠れ、女神が登場するというものでした。言い忘れましたがここで言う女神は、女性店員とのことで、女神に生ビールを注文したり、食器を下げるようお願いしたりできるそうです。

かなりふざけた取り組みのようにも思いますが、開発担当者はいたって真面目で、Kinectのようなツールは気軽に使える利用シーンを増やし、精度を向上させていく必要があるためと話していました。飲食店でのアトラクション的なサービスを想定しているそうで、居合わせた一般客の児童は、楽しそうに何度も女神を呼び出していました。








ちなみに、降臨した女神は、部屋の隣にスタンバイしていました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: eggcellent, kinect, order, Recruit Tech. ATL, restaurant, restaurants, smartdevices, SmartGlass, Vuzix, Wii
0シェア
FacebookTwitter