速報:ヤフーがイー・アクセスの株式を取得、Y!mobile として通信事業に参入

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年03月27日, 午後 05:15 in EAccess
0シェア
FacebookTwitter

日本のヤフー株式会社が、イー・アクセスの株式を取得し、Y!mobile (ワイモバイル)として通信事業に参入すると発表しました。

現在ソフトバンク傘下のイー・アクセスとウィルコムは、2014年6月1日を効力発生日として合併を行う予定ですが、ヤフーはその効力発生等を条件として、合併後の存続会社であるイー・アクセスの株式をソフトバンクから取得します。取得金額は3240億円。

今後の予定は:

2014年3月27日 株式譲渡契約締結日
2014年6月1日(予定) イー・アクセスとウィルコムの合併の効力発生
2014年6月2日(予定) 株式引渡期日

イー・アクセスおよびウィルコムが提供するPHS サービス、MVNO 向けサービス、およびADSL ホールセールについては、今後も継続して提供するとしています。

Y!mobile の取り扱い端末は、当面はAndroid 端末をメインとし、将来的にはそれ以外のOS についても手がける予定。

Yモバイルの端末にヤフーのアプリをプリインストールし、ヤフーのメディア価値を向上させることや、eコマース取扱高の増加なども目指すとしています。

またYモバイルユーザーに、ヤフー上で各種特典を提供するYahoo!プレミアムの提供も検討中。ヤフージャパンのサービスは、Yモバイル開始後も各キャリアで利用可能。

ヤフーの宮坂社長はYモバイルについて、「電気や水道のように、すべての人にインターネットを届けたい」「第4の通信キャリアではなく、日本初のインターネットキャリアになりたい」と述べています。

またインターネットキャリアと従来の通信キャリアの違いについては、「これまでの通信キャリアは通信(音声)が主でネットサービスが従。インターネットキャリアはネットサービスが主で通信が従」と説明しています。

なおYモバイルの料金プランや販売チャネルについては検討中。料金プランや体系はシンプルにしたいと述べています。

ヤフーは専用サイトを開設し、「既存キャリアにはできなかった便利さ・楽しさ・手軽さを追求し、すべての人のためのインターネットキャリアを目指す」ために、タグ#ymobile でワイモバイルへの意見を募集中です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: EAccess, softbank, willcom, Yahoo, ymobile
0シェア
FacebookTwitter