Google日本語入力チームが、タッチパネルのフリック入力をより快適に操作するためのデバイス『Google 日本語入力 マジックハンドバージョン』を発表しました。

広く普及したタッチパネルによるフリック入力ですが、ネイルが長いとタッチが難しい、画面が汚れる、手袋をしていると反応してくれない(してくれる製品もある)といった問題があります。Google日本語入力マジックハンドバージョンは、そういった状況を解決する製品。くだくだしく説明するのも辛くなってきたのであとは動画をごらんください。



ハンド交換に対応し、左利きのための左手にも交換可能。



例年の4月1日発表と。USBポート経由で通常のキーボードやモールス信号バージョン、パタパタバージョンにも対応します。

毎年恒例のことながら、発想では特に面白くもなく虚を突かれるでもないものの、紹介動画やモックアップの無闇なクオリティの高さで、真綿で首を絞めるようなおかしみがじわじわと染みわたる系の四月馬鹿企画です。