デルがゲーミングブランドALIENWARE のノートPC 夏モデルとして、18インチのALIENWARE 18と17インチのALIENWARE 17を発売しました。

カラフルに光る筐体と、性能を追求し携帯性は二の次でお馴染みのALIENWARE ノートですが、中でも18インチモデルの最上位「ALIENWARE 18 スプレマシー」は、オーバークロック済みプロセッサや2枚挿しのグラフィックカード、RAID 構成のSSD などを搭載。

「他とは一線を画した驚愕の性能を装備」できる「究極のゲーミングノートパソコン」で、「これ以上のモノは無い完璧なゲーミング環境を手に入れられる」と豪語するハイエンドな仕様を備えます。



ALIENWARE 18 スプレマシーの主な仕様は、18.4インチ1920 x 1080 PLS 液晶 (光沢)、インテル Core i7-4940MX エクストリームエディション(4コア8スレ、最大4.4GHz、オーバークロック済み)、32GB RAM (デュアルチャンネル)、1TB SSD (256GB SSD x 3 RAID 0 + 256GB mSATA SSD)、NVIDIA GeForce GTX 880M 8GB GDDR5 x 2 (NVIDIA SLI)、802.11 n/ac WiFi、Bluetooth 4.0。

ほか2MP カメラ、デュアルデジタルマイク、サブウーハー内蔵2.1スピーカー、ミニDisplayPort、HDMI 1.4出力、HDMI 1.3入力、S/PDIF オプティカル出力、オーディオ出力、マイク/ライン入力、7 in 1 カードリーダ、USB 3.0 x 4、ギガビットイーサネット端子など。

HDMI 入力端子には家庭用ゲーム機などを接続でき、ALIENWARE 18 をモニタとして使用できます。

またイーサネットコントローラにはKiller 2200 を採用。高い転送速度を必要とするゲームなどのストリームを優先して処理し、プレイに影響を与えないとしています。

ほかキーボードにはプログラム可能な9個のキーを備え、アプリケーションごとに機能を設定可能。またALIENWARE ノートの特徴とも言えるマルチカラーRGB を内蔵し、キートップの文字色を変えられます。

OS はWindows 8.1 と7 から選択可能。言語は日本語、英語、中国語から選べます。またMS Office 2013やAdobe 製品などのソフトウェアも追加できます。

本体サイズは57.50 x 327.89 x 456.5mm。SSD 搭載時の最小重量は5.47kg。

ALIENWARE 18 スプレマシーの直販価格は61万9800円。性能、サイズ、重さに加え、価格もハイエンドです。なお最小構成時の価格は27万9799円から。


また同時発売のALIENWARE 17 は、17インチ1920 x 1080 非光沢液晶を搭載し、仕様はi7-4940MX エクストリームエディション(OC 済み)、32GB RAM、クアッドSSD、GeForce GTX 880M 8GB GDDR5 などを選択可能。18インチモデルと違なり、SLI は選択できません。

価格は最高構成のALIENWARE 17 スプレマシーが51万9799円。最小構成のスタンダードで19万9800円から。