2014年4月7日、ソニーが業務用映像機器の展示会2014 NAB Showで、新型のミラーレス一眼カメラα7Sを発表しました。Sは感度を意味するSensitivity(センシビティ)の略とされています。




特徴は、XAVC Sコーデックを使った動画の4K(3840 x 2160ドット)記録に対応するHDMIでの4K(3840 x 2160ドット)動画の出力に対応すること。また既発売のα7、および7Rと同じく、イメージセンサーは35mmフルサイズ相当。画素数は1220万画素と、α7の2470万、7Rの3640万に比べて下がっていますが、ISOは感度は最高409600まで設定可能。α7と7Rの最高25600より大きく伸びています。

【訂正】
公開された公式スペック表(PDF)で、XAVC Sコーデックでの記録はフルHDまでと判明したため、タイトルと記事を訂正いたしました。読者と関係者の皆様に混乱を招いたことをお詫びし、訂正いたします。大変申し訳ございません。




また、HDMI出力はいわゆる「クリーンHDMI」仕様。4:2:2の色フォーマットで、外部レコーダーとの組み合わせでカメラ部として使っても威力を発揮できる仕様です。



同時に公開されたラインナップ図では、α7と7Rは併売されることがわかります。
価格や発売時期などは、原稿執筆時点では不明。続報でお伝えする予定です。

【追記】
公式ページと動画から判明した特徴などを続報記事として掲載いたしました