HDMI / MHL 対応キューブ型プロジェクタSmart Beam Art 発売。バッテリー内蔵で屋外でも使用可能

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年04月8日, 午後 05:05 in mobile projector
0シェア
FacebookTwitter

モバイル端末の周辺機器を扱うロア・インターナショナルが、手のひらサイズのカラフルなモバイルプロジェクタSmart Beam Art を発売しました。

Smart Beam Art は、約4.6cm 四方、重さ124g という小型軽量な筐体が特徴のプロジェクタ。MHL 対応HDMI 端子を備え、PC のほかスマートフォンやタブレットにも対応します。またバッテリーを内蔵し、電源のない場所でも使用可能です。



主な仕様は、DLP DMD 方式、LED 光源(最大寿命1万時間)、VGA (640 x 480) 解像度、アスペクト比4:3、投影距離0.2m~3m (2m で60インチ、3m で90インチ相当)、手動フォーカス、0.8W スピーカー。

これらの仕様は昨年発売のSmart Beam (旧称innocube)と同じですが、輝度は35 ANSI ルーメンから40 ANSI ルーメンへ向上しています。

ほか端子類は5ピンHDMI/MHL ポート、電源ボタン、リセットボタン、フォーカスダイヤル、充電ポート、バッテリー残量ランプ。

電源は2300mAh のリチウム充電池を内蔵。充電時間は240分、動作時間は108分。付属品は5ピン-11ピン変換アダプタ、HDMI ケーブル、MHL ケーブル、三脚、専用充電器。

Smart Beam Art は直販価格4万3092円で販売中。対応機種は直販サイトで確認できます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mobile projector, MobileProjector, projector, smart beam art, smartbeamart
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents