Twitterが新プロフィールページを正式導入。ツイートのピン留めや全幅ヘッダ画像など仕様変更

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年04月9日, 午後 11:29 in profile
0シェア
FacebookTwitter


Twitter が一部で試験中だったウェブ版プロフィールページの新レイアウトを正式に導入しました。新プロフィールページでは横幅いっぱいの大きなヘッダ画像や、左コラムに移動したプロフィール画像と自己紹介文などレイアウトの変更のほか、選んだツイートをトップに固定表示できたり、背景画像が廃止されるなど細かな仕様変更も加わっています。
従来の「真ん中にアイコンサイズのプロフィール画像、下に中央寄せで紹介文」配置はモバイル版でも共通で使われるなど、ひと目で分かるツイッターの象徴ともいえましたが、新プロフィールページは良くいって現代的な、Facebook や Google+ といったソーシャルサービスでも使われる一般的なデザインです。

新プロフィールページでの変更点は:


・ヘッダ画像が大きく、画面幅いっぱいに表示されるようになった。

従来のようにプロフィール画像で中央が隠れることもなく、表紙としての役割に。ヘッダ画像の推奨サイズは1500 x 500ピクセル


・プロフィール画像が大きく、左側に表示されるようになった。

プロフィール画像の推奨サイズは400 x 400ピクセル


・トップに任意のツイートを「ピン留め」(固定表示)して、告知や自己紹介として使えるようになった。

ピン留めの仕方は、個別のツイートのその他(...)メニューから「プロフィールページに固定」を選択。

・「ベストツイート」のハイライト表示。本人のツイートのうち、リツイートなどが多かった人気のツイートは強調表示されるようになった。

・ツイートの表示方法を、「ツイート」「ツイートと返信」「画像・動画」から選べるようになった。

・背景画像の廃止。ヘッダー画像が大きくなった一方で、アップロードして背景に敷き詰められた背景画像は廃止。


など。ウェブ版の新プロフィールページは、現在は一部のユーザーにのみ適用中。今後すべてのユーザーに対して順次有効になります。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: profile, profile pictures, twitter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents