ソニーが、発表したばかりのミラーレス一眼カメラ α7S で撮影したサンプル動画を公開しました。α7S は最高 ISO 409600 という非常に高感度な撮影が可能です。サンプル動画では、ISO 1600 から段階的に ISO 409600 まで感度をあげ、実際にどこまで明るく撮影できるかをわかりやすく示しています。
 

 
 
まず最初の ISO 1600 では映像はほとんど真っ暗。さすがに周囲までは見えず中央に炎が揺らめいているのが見えるだけです。ここから、ISO 3200、6400、12800、25600、51200、102400、204800と段階的に感度を変えていくのですが、ISO 6400 で水平線がうっすらと見え始めたところから小舟、人物、草の色などが次第に明らかとなっていくさまがよくわかります。
 
通常のカメラなら高感度と言っても ISO 25600 程度。しかし、まったく明かりがない状態では水平線と海がわかるぐらい。
キヤノンの一眼レフ EOS 1Dx の最高感度(拡張)とおなじISO 204800。

 
最終的に ISO 409600 で撮影された映像は、ほぼ夕暮れ時ぐらいにまで明るくなり、カラー暗視カメラと言ってよさそうなレベルに達しています。

なお、今回のサンプルは動画での感度を比較したものです。静止画ではもっと鮮明な画像が期待できるので、できれば静止画でも感度別のサンプルを並べて見てみたいものです。