東芝から世界初の4Kノート dynabook T954、IGZO液晶採用で4月25日発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年04月16日, 午前 11:02 in 4k
0シェア
FacebookTwitter


東芝が4K Ultra HDパネル採用ノート dynabook T954 を国内向けに正式発表しました。「東芝REGZAの映像技術を惜しみなく投入」したというディスプレイは、15.6インチ3840x2160 4K UHD の IGZO液晶パネルを採用。4KをドライブするGPUにはAMD Radeon R9 M265X を搭載します。



主な仕様は、タッチ対応の15.6インチ3840x2160 " Clear SuperView" IGZO液晶、インテル Core i7-4700HQプロセッサ(4コア8スレ、6MBキャッシュ、TB時最大 3.40GHz)、8GB DDR3L-1600メモリ(4GB x2、空きスロットなし、最大16GB)、1TB ハイブリッドドライブ(HDD + NANDフラッシュ)、BDXL対応BDドライブなど。OS は Windows 8.1 64bit。

ほか802.11a,b,g,n,ac対応WiFi、Bluetooth 4.0、4Kを出力できるHDMI端子、ギガビットイーサネットやUSB 3.0 x4。SDカードスロットはUHS-II規格に対応し、規格値312MB/秒の高速SDカードが めずらしく 実力を発揮できます。オーディオは東芝ノートやタブレットでお馴染みの harman/kardonスピーカーや、DTS Studio Sound に対応します。

本体重量は約2.4kg、バッテリー駆動時間は約3.6時間(JEITA 2.0計測)、JEITA 1.0では約4.0時間。

発売は4月25日、価格はオープン。直販の東芝ダイレクトでは、30台限定で入札制のモニター販売も実施します。こちらの入札下限は21万8400円、上限は24万8200円。申し込みは4月21日23:59まで。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4k, dynabook, dynabook t954, IGZO, laptop, laptops, pc, toshiba
0シェア
FacebookTwitter