ソニーからNFC搭載のAV アンプ STR-DN1050、DSD 2.8MHzなどハイレゾ音源対応を強化

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年04月23日, 午後 05:40 in 192KHz
0シェア
FacebookTwitter
ソニーが、AV アンプの新機種 STR-DN1050 を発表しました。ハイレゾ音源の再生機能を強化したのが特徴で、PCM 系なら最大 192kHz /24bit 、DSD は 2.8MHz まで対応します。WiFi、AirPlay や Bluetooth /NFC などに対応し、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスの音楽ソースを再生できます。さらに 4K アップスケール出力など映像面も強化しました。
 
STR-DN1050 が再生可能なハイレゾ音源は、WAV /FLAC /AIFF が 192kHz /24bit まで対応。 ALAC は 96kHz/24bit までの対応です。DSD は 2.8MHz までの dsf /dff 形式に対応します。非ハイレゾ音源では MP3 /AAC /WMA /WAV /FLAC /ALAC /AIFF 形式を再生可能です。
音楽ファイルはネットワーク上の DLNA サーバー、NAS などから再生できるほか、ウォークマンや iPhone などは USB ケーブルで接続してデジタル再生が可能です。そのほか対応するのは、USB メモリーからの再生、Bluetooth や AirPlay 経由の再生、ネットラジオなど。FM チューナーも搭載します。

映像方面では、4K 対応機器の画質を落とすことなく伝送する 4K パススルー機能、HDMI 入力の映像を 4K 解像度に変換する 4K アップスケーリング機能などを搭載。また Android 端末などの映像をテレビに出力しつつ給電する MHL にも対応。なお、4K パススルー機能は 4K 対応の著作権保護技術 HDCP 2.2 には対応しません。

AV アンプはその多機能さから操作が煩雑になりがちですが、STR-DN1050 では上位機種のESシリーズと同様、音声/映像ソースの選択から音質設定なども簡単に行える GUI を用意。テレビ画面で直感的に操作できます。
 
 
スマートフォンアプリ「SongPal」を使えば Bluetooth 経由やネットワーク経由の再生を操作できます。SongPal は、サラウンドスピーカーの一部を別室に配置して、他とは違う入力ソースを再生する「2Zone」機能の操作にも対応しています。また、「TV SideView」アプリでは STR-DN1050 につながった各 AV 機器の操作も可能です。
 
入出力は入力が HDMI x6、コンポジット映像 x2、コンポーネント x2、光デジタル音声 x2、同軸デジタル音声 x1。出力はHDMI x3、コンポジット映像(モニター) x1、コンポーネント映像 x1、ライン x4、ヘッドホン出力 x1

スピーカー出力は7.1chに対応します。アンプの実用最大出力は165W x 7。

発売日は7月15日。価格は税込み6万6960円。

なお、DSD 再生や入出力などをやや簡素化した STR-DN850 も同日発売予定で、こちらは税込み5万6160円。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 192KHz, 24bit, 4k, amplifier, bluetooth, dsd, high resolution audio, nfc, sony, sony STR-DN1050, STR-DN1050, wifi
0シェア
FacebookTwitter