「ミュージックデバイス市場における世界のリーディングカンパニー」を自称するスイス Logitech の日本法人ロジクールが、片耳あたり4基のバランスドアーマチュアドライバーを搭載する Ultimate Ears イヤホン最上位モデル UE900s を発表しました。
前モデルの UE900 は低音域用2基、中音域用と高音域用に各1基のあわせて4基のバランスドアーマチュアドライバーを搭載し、音域ごとにサウンドを分離する 3WAY クロスオーバーも備えた Ultimate Ears 最上位モデルでした。UE900s は UE900 のドライバー構成などを受け継ぎつつ、配置や低音調整用のチューブなどに改良を加えています。

ドライバーの他にはイヤーチップなども手を加えており、サイズや形状、材質などが異なる9種類が付属。ロジクールいわく「まるでプロがステージで使うカスタムイヤーモニターのように細部に渡る音のニュアンスなども聴きとれる」とのこと。

ハウジング形状はUE900とほぼ同じ。上方に取り出したケーブルを耳にかける、いわゆる「SHURE 掛け」タイプで、通常のカナル型に比べケーブルが頬などに当たりにくく、タッチノイズなどを軽減する効果があります。網組のケーブルは着脱式になっており、マイク/リモコン付きケーブルと取り替えればスマートフォンなどの通話にも使用可能です。

再生可能周波数は20Hz~20kHz。入力感度は101dB SPL/mW。インピーダンス30Ω。ハウジングの遮音性は26dB。イヤホンとしての仕様も UE900 とまったくおなじです。

付属ケーブルの長さは132cm。ケーブル込みの重量は16g。リモコン付きケーブル使用時は18g。接続端子は3.5mmステレオミニ。カラーはブルーのみ。

そのほか、キャリングケース、ポーチ、メンテナンス用ジェルが付属します。

発売日は5月9日。オープンプライスで、ロジクールのサイトに記載の価格は税抜き3万7000円。

ちなみにロジクールのサイトには、 Ultimate Ears のカスタムインイヤーモニタを使用するアーティストの一覧が掲載してあります。カスタムインイヤーモニタは、耳型をとって一人ひとりにあわせてハンドメイドするタイプ。アーティスト一覧は数が多すぎてかえってわかりにくい気もしますが、いくつか目に止まった名前を挙げると、Air Supply、アシャンティ、The B-52's、Bon Jovi、Faith Hill、ハンス・ジマー、INXS、フリオ・イグレシアス、ケヴィン・ムーア、レディ・ガガ、クイーン・ラティファ、Oasis、トニー・ブラクストン、U2、ズッケロ、50セントなどなど。ジャンルを問わず数多くのアーティストが使用してるのがわかります。