動画:国内初採用、URBANOに「割れない」強化ガラス Dragontrail X。一般ガラス8倍の強度、曲がります

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2014年05月8日, 午後 07:50 in au
0シェア
FacebookTwitter

KDDIが夏のスマートフォンとして発表した京セラ製 URBANO。ディスプレイのカバーガラスには、AGC(旭硝子)製の化学強化用特殊ガラス「 Dragontrail X 」を採用しています。このガラスがすごい、一般的なガラスとの違いを動画でご覧下さい。

 


​今年1月のInternational Consumer Electronics Show(CES)において、AGCはDragontrail Xを発表しました。この特殊ガラスは、板ガラスや窓ガラスなどに使われる一般的なソーダライムガラスの8倍の強度があり(従来製品は6倍)、これまでのDragontrailと比較しても30%の強度向上を実現しています。

ガラスですがしっかり曲げられ、AGCでは「割れないガラス」とアピールしています。一見すると透明度の高い樹脂製クリアパネルのようですが、タッチ面はガラスらしい透明感と触感、軽く叩いてみてもコツコツとガラスらしい音がします。なお、Dragontrail X は6月にブラジルで開催される2014 FIFAワールドカップにおいて、ベンチのガラスルーフにも採用される予定。

auの新商品発表会では、押して曲がるDragontrail Xの強度がわかるデモを実施していました。デモ用装置にDragontrail Xではなく、ソーダライムガラスを設置すると、同程度の力をかけるまでもなくあっさりガラスが割れました。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: au, CES, dragontrail, Dragontrail X, kddi, kddi au, kyocera, URBANO
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents