レノボから7万円台の28インチ4K液晶モニタ ThinkVision Pro2840m Wide、ピボット対応

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2014年05月13日, 午後 03:29 in 4k
0シェア
FacebookTwitter

レノボ・ジャパンが、3840 x 2160 解像度の液晶モニタThinkVision Pro2840m Wide を発表しました。2840m は、今年のCES 2014 で発表されていたレノボ初の4K 液晶モニタ。

CES では予価799ドルと発表されていましたが、国内でも7万円台で2014年5月23日(金)より販売開始予定です。


液晶パネルの種類は明記されていませんが、応答速度5ms、Adobe RGB 比72% 色域ということから、おそらくTN パネルと思われます。

ほか主な仕様は、28インチ 3840 x 2160 @60Hz (157PPI) ディスプレイ、輝度270cd/m2。

端子類は、DisplayPort、Mini-DisplayPort、HDMI x 2 (1ポートはMHL 対応)、USB3.0 x 3 (1ポートはPowered USB 対応)、USB 2.0 x 2。

スタンドはチルト(前5度/後25度)、ピボット(縦90度)、スイベル(左右45度)が可能。また3W x 2 のステレオスピーカーを搭載します。



なお安価な4K 液晶では、デルのP2815Q が直販価格6万9979円で販売中なほか、ASUS も799ドルのPB287Q を海外で発表済みです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4k, 4k display, 4kDisplay, LCD monitor, LcdMonitor, lenovo, ThinkVision Pro2840m, thinkvision Pro2840m wide, thinkvisionPro2840m, thinkvisionPro2840mwide
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents