ドコモから富士通製「ARROWS NX F-05F」発売。日本語入力「Super ATOK ULTIAS」採用(更新)

関根慎一 (Shinichi Sekine)
関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2014年05月14日, 午前 11:40 in android
0シェア


NTTドコモの2014年夏モデルとして、日本語入力にSuper ATOK ULTIASを搭載した富士通製の「 ARROWS NX F-05F 」が発表されました。発売は5月下旬。

 
Super ATOK ULTIASは、入力ミスを自動補正する機能や日本語英語辞書などを搭載した人に優しい日本語入力システムです。具体的には、打ち間違いを修正して、文脈から正しいと思われる変換候補を表示するなど、予測変換の精度を向上しています。また、誤入力の原因になる電気ノイズを低減するタッチパネルを採用するなど、文章入力性能の高さをアピールしています。

5インチフルHDの省電力WhiteMagicディスプレイを搭載。ディスプレイの明るさは1000カンデラで、従来機種より200カンデラ明るくなっており、直射日光の下の視認性の高さをうたっています。なお、消費電力は従来機種と同程度に抑えたとのこと。

ラウンド感のあるボディには、塗装がはがれにくい「ハイパーダイヤモンドタフコート」を採用。ボディ背面には、富士通製モデルの代表的な機能である指紋センサーを搭載しています。カメラは20.7MP、防水モデル。暖色フラッシュを備えることで、自然な雰囲気の写真が撮れるようになったとしています。

LTEは下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。VoLTEもサポートしているほか、LTEや3GとWiFiを同時通信する「マルチコネクション」機能も従来通り利用可能です。

ドコモ2014夏モデル 関連記事一覧

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, arrows, ARROWS NX, docomo, docomo2014summer, fujitsu, nttdocomo, super atok ultias
0シェア