ASUS が、SIM ロックフリーで音声通話に対応する7型Android タブレットASUS Fonepad 7 LTE を発表しました。

Fonepad 7 LTE は、昨年から販売中のSIM ロックフリー端末Fonepad 7 にLTE 通信機能を追加したモデル。基本仕様はほぼ変わらず、より高速なデータ通信が可能になりました。


主な仕様は、7インチ1280 x 800 IPS 液晶(10点タッチ対応)、インテルAtom Z2560 プロセッサ(2コア4スレ 1.6GHz)、1GB RAM、16GB eMMC、802.11 a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。

カメラは背面5MP、前面1.2MP。ほかmicroSIM スロット、microSDXC スロット、microUSB x 1、GPS、電子コンパス、光/加速度/近接/磁気センサ、デュアルフロントスピーカー、デジタルマイク、マイク/ヘッドホンコンボジャック、Miracast 対応など。

対応する通信方式とバンドは、LTE が2100(1)、1800(3)、800(19) MHz。W-CDMA (HSPA+) が2100(1)、800(6)、900(8) MHz。GSM/EDGE が850/900/1800/1900 MHz。

内蔵バッテリーは3950mAh のリチウムポリマー。WiFi またはモバイル通信使用時で約11.5時間駆動としています。充電時間は約4時間。

本体カラーはグレーとホワイト。サイズは196.8 x 120 x 10.5mm、重さ約333g。OS はAndroid 4.3。

LTE 非対応モデルとの違いは、Bluetooth が3.0 から4.0、バッテリー駆動時間が約10時間から約11.5時間、出荷時OS がAndroid 4.2.1 から4.3。

発売予定日は2014年5月16日(金)。予想実売価格は3万4500円。製品型番はグレーがME372-GY16LTE、ホワイトがME372-WH16LTE。

また2段階の角度調節が可能なスタンドとして使える専用カバーも、予価3650円で5月21日(水)発売予定です。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色を用意します。