動画:二人乗りエアバイクAero-X、約850万円で予約受付中。2017年出荷予定

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2014年05月15日, 午前 11:02 in aero-x
0シェア
FacebookTwitter


米国のスタートアップ Aerofex 社が、二人乗りの地面効果機 Aero-X を2017年に発売することを明らかにしました。Aero-Xは前後の大きなローターで浮揚する、いわゆるエアバイク的な乗り物。試験の様子は続きの動画をご覧ください。



Aerofex は、航空エンジニアの Mark DeRoche氏が創業した企業。主力商品(予定)の Aero-X は2012年に公開されまるでフィクションに登場するエアバイクやスピーダーのようだと話題になりましたが、新たに2017年の出荷見込みで予約購入の受付が始まりました。

Aero-X は炭素繊維複合材製の大きなファンを前後に備え、中央にバイクのように搭乗する個人用の乗り物。通常のガソリンを燃料として、二人までの乗員を想定しています (170kgまで)。

主な仕様は最高速度 時速72km (45マイル)、最高高度 約3.6m (12フィート)、滞空時間は1時間15分。機体は全長 4.5m、全幅 2.1m、全高1.25m、燃料を除いた乾重量 約356kg など。

メーカーでは飛行機やヘリコプターと比較して安全かつ操縦が容易であること、個人でも購入しやすい低価格を売りとしています。

Aero-X は現在 Aerofex 社のサイトで購入予約を受付中。価格は8万5000ドル(約865万円)。予約には返金可能な5000ドルの前金が必要です。

なお、メーカーではAero-Xを「道無き道を行く全地形対応オフロードビークル」として売り込んでいますが、規制上の分類では軽ホバークラフトまたはスポーツ用軽飛行機にあたるため、逆に道路の上は走れません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: aero-x, Aerofex, air bike, bike, hovercraft
0シェア
FacebookTwitter